05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和物の贈りもの @Murata

 義理ファミリーのクリスマスギフトを探しに、和物のショップ「Murata」に足を運びました。暖簾、扇子、財布、眼鏡ケース、和食器....etc. いろいろな和物を義理家族に、今まで贈ってきました。最近では、ちょっとネタ切れのところもあるのですが(苦笑)、デンマークの家を訪ねると、センス良く和物をインテリアと調和させ、大切に使ってくれていると嬉しくなるので、また何かないものか物色してきました。

和物のお店は、和みます

20121204


 で、今年のプチギフトは、きれいな「和紙茶筒」にしました。別に緑茶に限ることなく、彼等が大好きなティーを入れてもらっていいし、別の用途にも使ってもらえるかな?時には、斬新な使い道を家族は見出してくれて、私が逆に真似したりすることがある和物アイテム達です。

気に入ってくれるかな?

20121203


 私達用にも、新しい「どんぶり」を購入しました。今回は、たくさん種類がありました。
 「自分が気に入ったものを、同時に指差さない?」
 遊び心で、私がFarに提案、
 「OK!せーっのぉ~!!!」
 なんと数ある「どんぶり」の中で、二人とも同じ「どんぶり」を指差しました。気が合う~♪(笑)1番シンプルな「どんぶり」を購入しました。Marimoが大好きな「丼物」に、これから大活躍しそうです!

シンプルな「どんぶり」

20121204


 
20121204

Murata
5 E. Broadway
Vancouver
Tel : 604-874-1777


今日も、訪問ありがとうございます 
皆さんの応援1クリック、いつも更新の励みにしています

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

theme : カナダ
genre : 海外情報

パパとママからの贈りもの(Hansa Toy)

ランキング参加中です
ご訪問ありがとうございます
更新の励みになります↓↓↓1日1回応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

 先日、私の大好き(詳細はこちら)「Redfish Kids」にMarimoと出かけました。Marimoを、ショップに同行させるのは久しぶり!相変わらず、ショップのお姉さん達に優しくしてもらい、Marimoは嬉しそう。

 私が服を吟味しているうちに、Marimo、一箇所に釘付けで全く動かなくなりました。彼女の視線の先には、アンティークな籠に入った、ぬいぐるみの小さな青い鳥。
 「ママ、可愛い~!私、これ欲しいな~。」
 もちろん、私は即却下(苦笑)

 ショップのお姉さんから、ショップオリジナルのウイッシュリストカードをもらい、Marimoは商品名を書き込んでいます。お姉さんも、そのお手伝い。お姉さんたら、ビジネス上手だわ(汗)

 家に戻ってからも、そのウイッシュリストを見つめながら、
 「あ~、可愛いかったな~!」
 
 余りにも、Marimoが毎日言い続けるので、日を改めて、その小鳥に再び会いに行きました。ショップに到着して、鳥籠を覗くと....いない!!!
 「ここにいた小鳥は、売れちゃった???」
 (安堵?しながら)お姉さんに尋ねると、
 「こっちにいるわよ~!」
 違う場所にディスプレイされていました。手のひらにのせて、じっくり小鳥を眺めます。

 「これをMarimoが、すっごく欲しがってね。私達からのクリスマスギフトにと考えているんだけど、ちなみに、いくら?」
 値段を聞くと、キャー、それなりにいいお値段。それもそのはず、この小鳥、ぬいぐるみで有名ブランド「Hansa Toy」のものでした(汗)このオーストラリア生まれのブランドは、世界の安全基準にも対応、本物のような質感と感触。動物、鳥、魚、恐竜などなど、何百種類と作られ、大人でもインテリアとして扱ったりと、今では子供から大人まで需要が多いブランドらしいです。

 それでも、ショップの片隅で一人かなり悩みました。でも、Marimoがとても気に入っていたし、それでいて大人になっても大切にしてくれるだろうと思い、購入しました。

 この鳥の種類は「Blue Wren(ミソサザイ)」、家に戻って調べて分かったのですが、西洋ではミソサザイを「王さま」と呼んでいるそうです。その理由をギリシャの哲学者は「弱々しいけれども、チャッカリ屋で器用で、暮らしっぷりが楽々としているところから」と言っているとか。そんな鳥の性質を知って、Marimoもこの鳥のようにチャッカリ?器用に、カナダで生き抜いて欲しいな~と切に思いました(苦笑)

 いつしか、鳥のように私達から巣立っていくMarimo、いろんな意味を込めた、私達からの2012年のクリスマスギフトを用意し終えました!

Marimoが会えるまで、後少し....

20121123



theme : おもちゃ・玩具
genre : 育児

「FurReal friend 」が本命だったけど...

ランキング参加中です
ご訪問ありがとうございます
更新の励みになります↓↓↓1日1回応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

 Marimo、サンタクロースのギフトリクエスト、絞り込めないでいます。テレビのコマーシャルは誘惑がいっぱい、どれもこれも欲しくなっちゃう年頃です。

 「サンタさんは、何個もくれないからね。1個に絞らないとダメだからね~!」
 私に言われて、一人サンタへのギフトリストを書くのに頭を抱えるMarimo(苦笑)

 今日、有力候補だった「FurReal friend 」の下見にモールへ行ってきました。うーん、デカい!!!取り扱っているショップを何ヶ所か足を運んだのですが、Marimoが欲しいワンちゃんは、値段もセール品でも60ドル以上(汗)

子供に人気のワンちゃん

20121127


 一緒に買い物をしていた二人の友達の家にもあるらしく(Marimo、みんなの家で遊んだから欲しくなったのかな?)、大きいし、抱き心地が硬くていまいち...みたい。これが、税金入れて50ドル以下だったらな~。こう言う玩具は、ブームが過ぎると、子供部屋の片隅で存在だけが大きかったりするし、お散歩ワンちゃんも、雨の多いバンクーバーでは、外用として使わせるのは、すぐ汚れてしまうし...。

 サンタさんからのギフト、いや、サンタさんの存在を、Marimoはいつまで信じるのでしょう?Marimoの友達のお姉ちゃんは、サンタはいないと分かっても、いると信じるフリをして、ギフトが1つ減るのを死守し続けたとか(苦笑)

 買い物から帰宅して、もう一度、Marimoといろいろなサイトを見ながら話し合いました。「FurReal friend 」も捨て難いみたいけど、まだまだ欲しいものは尽きないようです。

 私のデジカメには、いろいろな店頭で残したMarimoの欲しがっているリストの画像が増えていくばかり(汗)12月が始まる前に決着を付けて、早くサンタにデリバリーを依頼したい今日この頃です。

うーん、即決出来ないよ、サンタさん(汗)

20121127



theme : おもちゃ・玩具
genre : 育児

「Queensberry Flower Company」 の可愛い花束

ランキング参加中です
ご訪問ありがとうございます
更新の励みになります↓↓↓1日1回応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

 40歳の誕生日ギフトで、お友達みんなから花束を頂きました。いつもスカトレを利用する時に気になっていた、グランビル駅構内にあるフワラーショップ「Queensberry Flower Company」のお花でした。

 キオスク形式の花屋スタンド、日本では珍しくない光景でも、カナダでは可愛いくて、センスのあるブーケがたくさん並ぶスタンドは珍しいものです。お値段も手頃で、贈物に添えても華やかになる小ぶりなブーケもたくさん。

 私が友達から頂いた花束はイエローを基調としたもの、一緒のバースデーガールの友達は紫、友達の方を画像として残すのを忘れてしまったのですが、そちらもきれいなアレンジとラッピングでした。

 花束を抱えて、通りを歩くのは久しぶりで、心が躍ります。帰宅して早速活けた花、普段は殺風景な自宅のリビングも、花が添えられるだけで、パッとして明るくなりました。

 「Queensberry Flower Company」は、2011年秋にはイエールタウン-ラウンドハウス駅構内に2号店がオープン。2号店ではスタンド形式ではなく、店を構え、結婚式への注文にも対応、ブーケなどをつくる作業場も設置し、毎月季節の花を用いたフラワーアレンジメント講座も開講しているそうです。

 これからのギフトシーズン、花束の贈物も素敵ですよね!

友達が私のイメージでアレンジしてくれたそうです☆ 

20121124


Queensberry Flower Company
Tel: 604.339.3528
Email: info@QueensberryFlowers.com
Web: www.QueensberryFlowers.com

theme : カナダ
genre : 海外情報

成城石井の「手巻き納豆」にハマった!

ランキング参加中です
ご訪問ありがとうございます
更新の励みになります↓↓↓1日1回応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

 日本の友達の親戚が手土産に持って来てくれた、成城石井の「手巻納豆 三種ミックス」、これに私ハマりました。乾燥納豆に具(辛子・ねぎ・醤油・あられ)を独自の製法でミックスし、上質な焼海苔で丁寧に手で巻いたスナック。

 海外に暮らしていると、「納豆などの日本食は手に入るの?」と心配してくれる人は、実に多いです。幸い、私の暮らすバンクーバーは、日本食は手に入りやすい都市だと思います。お値段は多少は高めですが、それでも、目玉が飛び出すような金額まではいきません。デンマークで日本食を家族に作ろうと食材を揃えたと時は、余りもの金額の高さに外食すればよかったと後悔したものです。

 和食の代表「納豆」、私は日本にいれば食べますが、なくても生きていける人です。匂いが苦手なFarの「臭い、臭い」とうるさく騒ぎまくる横で、食べる気が失せるのも事実なのですが...(汗)

 話はそれましたが、このスナックなら、匂いも控えめ、だけど「納豆」の味を楽しめ、サクサクの触感もたまらなく、どんどんいけてしまいます。味も、プレーン、紀州梅味、チーズ味、3種類が楽しめ、スナックにもツマミにも最適です!
 
 Marimoも、普段は納豆を口にしないのですが、このスナックは気に入り、特に紀州梅味がお気に入りで、喜んで食べていました。実家の栃木に成城石井は、たった1店舗しかないのですが、次回の里帰りでは、これをツマミに日本のビールを飲むのが、今から楽しみであります!

1口サイズの可愛い納豆巻き

20121122


theme : お取り寄せグルメ
genre : グルメ

カテゴリ

訪問ありがとうございます

free counters

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。