06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鮭の遡上

 週末に、幼馴染のおうちへ日本語の「サークルタイム」に出かけました。今回のテーマは「サーモン」です。みんなでサーモンのお話をして、サーモンの絵を描いて、近くの川へサーモンを見に行くプランです。とっても楽しそう!

 Marimoはもちろん、私自身も川で泳ぐサーモンを見たことがない!しかも、友達の住む近所で簡単に見れるなんて、ドキドキです。うちから徒歩で5分くらいの橋に到着すると....いました、いました、たくさんのサーモン。し、しかも大きい~~~!

 初めてサーモンの遡上を見ました。友達曰く、この日は数は少な目だったみたいですが、大きなサーモンに子供達は大喜びです。長く厳しい旅に出たサーモンは、また川に戻り、産卵し、本当に力尽きて死んでいくのですね。そこらじゅうにサーモンの死骸もありました。「生」と「死」を象徴するような、傍らにあった薄いピンクの卵も印象的でした。

 自然界の厳しさ、偉大さを、子供と一緒に学べました。赤く美しく色づく木々から、漏れてくる秋の日差しも優しく、気持ちのいい午後でした。


たくさんのサーモン


20111108


theme : 海外で育児
genre : 育児

Re: れいちゃん

ほ~んと、あの卵は感動を大人でも覚えたよねぇ☆また、来年も行こうね!

No title

この川はほーんと近くでみれるからいいよね。フレーザーリバーのあたりの大きな川で見たときは釣りをしてる人もいて、いくらをほおり投げてたんだよー。あぁ、、、おいしいのに、、、あぁ、、、命のなるところだったのに、、、と。
今回うすピンクの卵を見れて、ほんと感動した。頑張って命をつなげたんだなぁって。
Secret

カテゴリ

訪問ありがとうございます

free counters

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。