06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トホホホの「捻挫」

 昨日は、近年稀にみる激痛で苦しみました。Marimoのお産以来って言ったら、分かりやすい???

 Marimoを学校に送る途中、校庭の芝の上を歩いている時、他のママに後ろから呼ばれ、振り返った時に、芝のせいで見えにくくなっていた、すっぽり足が入るくらいの穴に突っ込んでしまい、思い切りひねりながら転倒。周りの子供達も見ていて恥ずかしかったので、そのまま何事もなかったように立ち上がり、教室まで歩いて行きました。

 少し痛かったけど、それでも歩くのに、最初は支障はなかったのです。だから、家に戻っても冷やさず、家事をしていました。そしたら、午後から痛みがズキズキ....。Marimoのお迎えも、誰かに頼もうか悩んだけど、きっと校庭で遊んで帰りたいと思い、無理して自分で歩いて行きました。

 これが、大間違いの判断でした。足の甲は、みるみる痛くなり、教室の前で立って待つのも精一杯、帰宅の道は片足を激痛が走る中、引きずって帰るハメになってしまったのです(涙)

 家の階段も、とにかく痛みで足が上がらないので、ゆっくり、ゆっくり時間を掛けながら、ようやく上がりました。服を着替えるのも、ベッドに横たわるのも、何をするのにも、グワーーーーって押し寄せる痛み。Farにも電話したけど、会議中だったので留守電を残しました。

 「緊急事態発生、痛くて動けません、私!」
 慌ててコールバックしてきたFarに、状況を伝えると、
 「なんだ、どんな緊急かと思ったら、そこまでの緊急性はないようだね。よく冷やして、休んでなさい。僕は、また会議に戻るよ!」
 いつも動揺しない、Farのあっさり反応は、大方予想出来たんですけどね(苦笑)でも、ネットで調べたら、靭帯を傷めている場合もあるし、「捻挫」は馬鹿にしない方がいいとも書いてあったし....一応、伝えておきたかった私。

 こんな小さい我が家でも、痛い時は、トイレに行くのも、冷蔵庫の飲み物を取る距離も果てしなく遠く感じて、途方に暮れるものです。キャスター付の椅子を利用しても、フローリングじゃないから、スルスルって滑らないんですよね~(汗)

 「車椅子、借りてこれる!?」
 何故かMarimoは、車椅子を押せるかも!?とワクワク。あのね、そこまで重症じゃないですよ!
 「あっ、でもうちは階段が多いから、使えないね、ママ!」
 そうです、我が家は全てにおいてバリアフリーじゃないから、無理ですよ。じぃじのこともあったから、介護に向く家作りを考える機会があったけど、まさにここは相応しくない家なのです(苦笑)

 痛みから気を少しでも紛らすために、日本の友達とスカイプしながら、Farの帰宅を待っていました。
 「足を怪我しても、ママの口は、元気に動くんだな~!」
 えっ、まず帰宅後の開口一番が、それぇ???Marimoなんて、ベッドルームのサイドテーブルに、水や食べ物を運んでくれたんだぞ!やっぱり、たっぷり愛情を注ぎたくなる人物は、子供ですよねぇ。うん?これまで愛情を夫に注がなかったから、こんな態度をされている?順番は、どっちが先立ったのだろう???

 台所に立てないので、Farが注文してくれたピザで夕飯を済ませ、痛みに悶絶しながら一夜明かしました。痛みが悪化はしなかったのでよかったけど、まだまだズキズキ痛いです。

 Marimoの学校送迎は厳しいので、急遽送迎してもらえそうなママ探し。すぐに送ってくれる人は見つかったけど、迎えが出来る人を見つけるのが大変でした。皆それぞれ、子供を学校で拾って、そのまま習い事に行くママが多いのです。こんな時、日本のような登下校班があったら、かなり助かるのにと、つくづく思います。

 なんとか見つけた同じクラスのママは、いつもお迎えに遅れて、息子はポツンと校舎の前でママを待つって感じで、ちょっと(いや、かなり)心配だけど、今無理して悪化したら、週末に大切な予定が控えているので、藁をもつかむ思いで頼みました。

 そのまま忘れられてMarimoが校舎で置き去りにならないように、「自分がしっかりしなさい!」とMarimoには念を押し、朝迎えに来てくれた人にも、放課後Marimoが、「ちゃんとRママと帰るところを見届けて欲しい」とお願いしておきました。

 やれやれです、全く(汗)こんな時、家族が多かったらな、親戚が近くに住んでいたらな~って、思う瞬間です。 むかしはこれで、よくホームシックになったものです。でも今は、現実は変えられないってことが分かっているし、嘆いて事態が変るわけでもないし、家族が増えるわけでもないし、凹む回数はぐんと減りました。

 人生ケーススタディ、「捻挫」は、まじに痛いってことも分かったし、応急処置も身を持って体験しました。後は、このまま悪化せずに、週末のために、目覚ましい回復を祈るだけです。


ベッドでも使いやすいiPadは、大活躍♪♪♪

20130606



これまで、どんな「痛み」を経験しましたか?
核家族の人も、一緒に頑張りましょうね!
今日も↓↓↓応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

theme : 海外で育児
genre : 育児

Secret

カテゴリ

訪問ありがとうございます

free counters

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。