11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Program Advising

 勉強したいコースの詳細を再確認するため、プログラムアドバイザーに会ってきました。

 たくさん確認したいことがあったので、とりあえずコースのサイトを片っ端から読んで、質問事項をまとめて、その日に備えました。

 いつものようにMarimoを学校に送ってから、カレッジへ向かいます。早めに到着して、ロビーで学生を観察。いいな、いつかここで勉強出来たら...。

 受付でアポイントの時間と自分の名前を告げ、暫くすると、担当の女性が迎えに来てくれました。

 「今日は、どんな用件で来られましたか?」


 私は、全ての疑問を解消して帰りたかったので、メモしてきた質問をすべて述べました。40歳おばちゃん、「時間」「お金」も大切って身に染みているので、必死です(苦笑)

 *スケジュールの詳細(サイトより、もっと情報が欲しかったので)

 *開講月について(選べるのかどうか?)
 
 *ウェイティングの状況(実際のところ、どのくらい?)

 *途中、何らかの理由で続けられなかった場合の処置とリファンドポリシー(父親のことがあるので)

 *日本の成績証明書など、必要書類の確認

 *その他に、登録前に習得しなければいけないコースのこと

 *取得したコースの有効期限

 *教材は、見れるチャンスはあるか?

 *卒業生に会えるチャンスはあるか?

 *学生ローン

 *デイケアサポート


 「スクールカウンセリング」→「英語のアセスメント」→「スクールアドバイザー」、ここまで全ての順を踏む人は珍しいのかな?めいっぱい、学校のシステムを利用させてもらっています(苦笑)

 今日のところは、ほぼクリアになりましたが、やっぱり登録してみないと(コースが始まってみないと)、なんとも分からないことが多いのも分かりました。それでも、こうして人と会い、自分で得た情報を再確認出来る作業は、私には必要な過程だったので、よかったです。

 登録までの過程でも、いろいろ準備することがたくさんで、その上、Marimoのデイケアとかのことも考えなくちゃいけないし....(涙) 

 「とにかく、状況は、日々変わります。急にクラスの空きが出ることもあります(それは、子持ちには有難くないけど)。その都度、その都度、柔軟に対処していきましょう!(独り身なら、なんでも出来ちゃうんだけど)まずは、入学のための書類を揃え、早く願書が処理されることから始めましょう。日本のご家族のことも心配だと思いますが、まだ今は分からないなら、どんどん平行して準備はしていかれたらいかがですか?」

 どのみち、このコースは、人気で一年以上待ち....まだまだ、悩むことは、いっぱいですが、私の勉強したい気持ちは、日に日に強くなっていることは確かです。この1年以上は、決して私には長いと思いません。むしろ、いろいろな準備面で、必要な時間だと思うのです。

 まずは、高校の「卒業証明書」から、やっつけるかな?でも、これ日本の家族の人の援助が得られない場合どうする?って問題が、既に浮かび上がっています。(エーン、みんなが、みんな、家族に甘えられないんだぞ!)な~んでも、一つ、一つ、根気よく解決しないとですね。トホホ。


やれるとこまで、行けるとこまで、ベストを尽くそう!


20130501


ママが学生になるって、大変ですね(涙)
何か勇気を与えられましたか?
あなたの1クリック↓ に、励まされます
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

theme : 海外で育児
genre : 育児

Secret

カテゴリ

訪問ありがとうございます

free counters

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。