09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お見舞いの花

 お見舞いに贈る花、購入前に、いろいろ常識を確認しておきました。NGの花は、たくさんあるものですね。40歳過ぎても、知らなかったこともあった(汗)


【香りの強い、花粉のたくさんつく花】

 美しい花でも匂いが強いもの、例えば、ユリ、ジャスミン、香りの強いバラなどがそうです。また花粉の沢山ついたものは、アレルギーの原因になるので避けるそうです。


【鉢植え】

 「根付く」という忌み言葉から鉢植えを避けるのは、よく知られていますね。また花瓶が必要になるのも、介護者に迷惑が掛かります。私も母親の介護中、介護に加えて、お花のお世話をする時は、バスケット型のアレンジメントが、一番お世話しやすく助かりました。置く場所も余りないので、コンパクトなのが有難かったです。


【縁起の悪い色】

 お葬式を連想させる「白」、これは知らなかったのですが、血を連想させる「赤」も避ける色らしいです。


【避ける花の種類】

 菊:悔やみの花として用いられることが多いので、お見舞いにはNG

 椿:とても華やかでキレイですが、咲いた後に花が首からポロっと取れてしまうから、これもNG

 シクラメン:「死」や「苦」を連想させる花ですね

 アジサイ:美しく咲いている時は華やかですが、徐々に色あせてしまうからNGらしいです

 
 その他として、雑菌などの関係で生花がNGな病院もあるらしいです。花を贈るだけでも、実にいろいろなマナーがあるのですね。(詳しくはこちらも

 私は、そんなことも踏まえて、ネットで小ぶりなフラワーアレンジメント、イメージの色は春らしい「ピンク」で注文しました。

 最近のネット販売は、お届けの前のアレンジした花の画像も、丁寧に送ってくれるショップもたくさんあります。これは、安心だし、嬉しいですよね。もちろん、メッセージも添えられるので、遠いカナダからでも、日本の家族の手を極力煩わさないで、自分で出来るので助かります。




 おばちゃん
 
 とても心配しています。

 また元気になりますよう、皆でお祈りしています。

 Far、Mor、Marimo


こんな素敵な画像がショップから添付されてきました↓↓↓


20130428


「母の日」も近いですね
日本のお母さんにお花はどうですか?
今日の情報、お役に立てれば嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
 
 



theme : お取り寄せ
genre : グルメ

Secret

カテゴリ

訪問ありがとうございます

free counters

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。