10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Parent Volunteers(2年目)

ランキング参加中です
更新の励みに、1日1回応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 

 先月の個人懇談の時に、担任の先生から、今年も「Parent Volunteers」のお伺いがありました。1年間続けるのは、週1回とは言え大変、とても迷ったのですが、こうして自分が学校のクラスのボランティアに関われるのも低学年のうちかな?(自分の英語力の意味で)と思い、今年もお手伝いの名乗りを上げました。

 Marimoの学年は現在2クラス、今年を含めて後2年やれば、クラスメイトの顔ぶれを、ほぼ知ることが出来るはずです。Marimoの学校生活の様子を知るのもいいことだし、クラスメイトと直接関われるのも、Marimoが話すクラスメイトを知る上で、自分に役立つとも思いました。

 そして迎えた今日は、その初日でした。担任の先生が一通り話してくれた手順は、昨年と同様です。今日は時間がなかったので、子供達の各プランナー(連絡ノート)に、本のタイトルが書き写してあるか確認し、ステッカー配布、そして新しい本を選ばせる作業だけでした。子供達が慣れてきたら、数ページ本を読ませることもしていきます。

 もう一人のお母さんと手分けして、19名の子供達をチェックしました。ここで気付いたのが、リーディングのレベルです。昨年は「スプリットクラス(混合クラス)」で気付かなかったのですが、Marimoを含む6人の前年「スプリットクラス(混合クラス)」の子供達のレベルがクラスの平均より、全員はるかに上だったのです。

 本はアルファベットでレベル分けされていて、子供達は担任の先生に予め自分のレベルを教えてもらい、そのアルファベットの本棚から自分の本を選ぶようになっています。昨年までキンダーの「ストレートクラス」の子達が皆「A」から「B」だとすると、6人は「H」や「I」前後なのです。そのうち1人の男の子は、この子は昨年からすごいのですが、すでに「L」でした。

 この学年の子達なので、自分のレベルや他の子のレベルは全然気にしていない様子....ただ大人の私から見れば、とても驚く出来事でした。そう考えると、上の学年が一緒の「スプリットクラス(混合クラス)」は、Marimoにはプラスに働きかけていたと改めて感じました。もちろん、これはリーディングに関しての意見で、子供によって同じ学年の子だけ、クラスも一つだけのレベルでの進行が合う子もいるとは思っています。

 さて、来年の6月には、子供達がどれだけリーディングスキルが上達していくか楽しみであります。私も2年目、子供との会話を楽しみながら、お手伝いしていきたいです。プランナーも、各家庭がどのように利用しているか見れるので、教育熱心な家庭のプランナーなどは、カナダで育っていない自分の参考にもなります。

 そして、そして、Marimoが、今のレベルに甘んじないように、ずっと継続して、本読みのサポートをしていくのを、今の私の目標に定めてみました(頑張れるかな、私???)

子供の興味を伸ばしながら....

20121018

theme : 海外で育児
genre : 育児

Secret

カテゴリ

訪問ありがとうございます

free counters

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。