12
4
7
9
13
16
18
19
22
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

届かない、AirCanadaの荷物(続編)

 ついにクリスマスイヴの朝、決着がつきました!

 この数日間、毎朝の日課となった、エアカナダ(AC)の「WorldTracer」のサイトで、義理パパママの荷物追跡調査(苦笑)

「RECEIVED AT AIRPORT / DELIVERY PROCESS INITIATED」

 更新されていたのです。そう、バンクーバー国際空港(YVR)に着いたらしい。そして、デリバリーの過程へ....やったぁぁぁぁぁ!間に合いました、クリスマスギフト☆

 それから、ホテルの義理ママに急いでその旨を伝え、待つこと数時間、
「Mor、スーツケース届いたわぁぁぁぁぁ!」
 義理ママの弾んだ声の電話がありました。念のため、荷物のダメージや紛失を確認させ、それもないことを確かめた上で、やっと、やっと、やっと、私も安心出来ました!

 ここまで要した時間、3日間!!!

 いろいろ不満はありますが、今は、クリスマスに孫へのギフトが間に合ったこと、最悪のケースのロスバゲにならなかったことに大感謝です。 たくさんのアドバイス、皆さん本当にありがとうございます。サンタも、ありがとう!

 私は、こう言うロスバゲなどのケースに備えて、いつも搭乗前にデジカメにスーツケースと中身の画像を撮影して搭乗します。デジカメは貴重品で、手荷物として携帯するから、すぐに手元から出せますよね。空港で荷物が見つからない時に、誰しも大なり小なり動揺するものです。そんな時に、空港カウンターでレポート用に画像があれば、スーツケースの色、形、特徴などを説明するのにスムーズで(特に、言葉の不自由な国を訪れる時は)、とても役立ちますよ!もっとも、それが役立たないように祈りながら、旅程が全て終わった時に、その画像が不要になり、ポチっと削除出来れば一番なのですが...(苦笑)

 今もPCの前で、イライラ荷物の行方を追跡している皆さん、希望は捨てず、何度もエアラインのコールセンターに電話したり、サイトでプロセスを確認してみて下さい。もし、滞在ホテル以外に、ローカルコンタクト(お友達や地元の知人)の電話があれば、それも一つの情報として残しておいてみて下さい。どうか、どうか、皆さんのスーツケースも、早く手元に届きますように!

 さあ、これから後処理、一時的に購入した下着などのレシートをまとめて、エアカナダ(AC)に提出する作業です。はぁ~、余計な仕事を...ブツブツ。


家族が楽しく過ごせるよう、裏方で頑張りましたぁ!

20121224


追記:南京錠でロックをしていた義理ママのスーツケースは、壊されて中身をチェックされていました。スーツケースそのものにロックしていなかったので、大きなダメージは免れましたが、やっぱり、スーツケースはロックしないでベルトを利用するか、アメリカ運輸保安局 TSA(Transportation Security Administration)によって認可・容認されたロック付きスーツケースやスーツケースベルトをお勧めします!
 






今日も、訪問ありがとうございます 
皆さんの応援1クリック、いつも更新の励みにしています

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
スポンサーサイト

theme : カナダ
genre : 海外情報

届かない、AirCanadaの荷物

 Marimoが楽しみにしていたデンマークからの義理両親が、金曜日の夕方バンクーバーに到着しました。

 今回は急遽カナダ行きを決めて、間際に航空券を手配したので、エアカナダ(AC)を除く、全てのエアラインは既に満席。仕方なくエアカナダ(AC)で予約したみたいですが、これまたルートが最悪でした。コペンハーゲン(CPH)⇒フランクフルト(FRA)⇒シアトル(SEA)⇒バンクーバー(YVR)と経由地が2箇所、しかもアメリカ経由(汗)アメリカ経由は面倒だし、混み合うから、私だったら、このルートだったら、旅行を絶対あきらめちゃうくらい避けたいルートでした。それでも、やっぱり孫や息子に会いたいんですよね....。だから私は、彼等が到着するまで、遅延や何事もなく無事ここまで辿り着いてくれ~と、切に願っていました。

 Farの会社やMarimoの学校があったので、空港にお迎えに行けなかった私達は自宅で待機、夕食後にホテルから無事着いたの電話。ホッとしたのも束の間、
 「まだ、私達のバゲージが届いていないの~。」
 ガーン、やっぱりあったかエアカナダ(AC)!そう簡単に旅程を終わらしてくれる訳がないよね、エアカナダ(AC)が(涙)

 義理両親達は、バンクーバー空港のカウンターで、「バゲージ遅延のレポート」だけ提出することだけしか出来ません。記載してきた滞在ホテルのアドレスに翌朝も到着せず、今日で2日目の朝を迎えました。

 私は、その間に、長い、長い、長いこと待たされるエアカナダ(AC)の「Baggage Customer Care Center」1-888-689-2247にひたすら忍耐強く電話。30分以上掛かって、オペレーターと話せても、彼らの答えられる範囲は、「まだ調査中です!ご不便お掛けしています、マダム(このマダムが、なんかイライラ余計するのは私だけ!?)」そんなマニュアル通りのものだけです。Webの「WorldTracer」のサイトで、リファレンスからファイルを調べても、「TRACING CONTINUES. PLEASE CHECK BACK LATER」のメッセージから、更新される様子が全くありません。

 25日のクリスマスは、ほとんどの店も閉まるし、今日は義理両親の当座の服や下着を買いに行くはめになりました。貴重な時間が、本当にもったいない、エアカナダ(AC)よ!

 孫へのクリスマスギフト、デンマークのクリスマス料理を作ろうと食材が入ったスーツケース、一刻も早く手元に届きますように...。 義理両親だけでなく、困っているたくさんの人がいるんだろうな~(涙)あー、私が空港に出向いて、さくさくと皆の荷物をデリバリーに振り分けてしてあげたい!!!

まさに身一つで(汗)、孫に会いに来てくれた義理パパ(Farfar)


20121223


今日も、訪問ありがとうございます 
皆さんの応援1クリック、いつも更新の励みにしています

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

theme : カナダ
genre : 海外情報

サンタが学校にやって来た!

 2012年最後のクラスは、「サンタとパンケーキの朝食」です。子供達は、お気に入りのパジャマを着て、ぬいぐるみを持って登校です。

パジャマで、今朝は登校

20121221


 今朝は手伝いをせずに帰宅しようと思ったら、何だか先生、バタバタ忙しそう....結局、残ってお手伝い。書庫の整理、子供達のプランナー(連絡ノート)のチェック、持ち帰るクラフトを壁から剥がしていたら、イベントの時間になってしまい、最後はジムまで出向いて「サンタとパンケーキの朝食」のお手伝いもしてきました。「一日一善」、日本船舶振興会の故笹川会長のCMを思い出しちゃう私。古いですね(苦笑)

 「HO!HO!HO!」

 時折り鈴を鳴らしながら、廊下を歩き回るサンタさんが、とっても愉快!教室の先生と子供達のパジャマ姿やサンタを見ながら、カナダの学校の「楽しむ時は、子供も大人も徹底して楽しんじゃう!」、そんなやり方が、いいな~としみじみ思いました。日本も学校イベントはあったけど、なんか先生もピリピリ時間に追われ、完璧にオーガナイズされ過ぎていて、心底みんながリラックスして楽しんでいる思い出が余りない私だったから、余計かな?

サンタが学校にやって来た!

20121221


 パンケーキの匂いが立ち込めるジムで、子供達は父兄が用意したパンケーキを食べて、サンタにキャンディーをもらい、大はしゃぎです。私も、あちこちのテーブルにジュースを配り、子供達に話しかけ、仕事で来れなかったクラスメイトのママ達のために写真も撮っておきました。こんな可愛いパジャマ姿、仕事で頑張っているママ達も見たかったはずですよね!

 お手伝いを終えて、ようやく帰宅し一息付くと、また窓の外は雪です(汗)今年は、ホワイトクリスマスになるのかしら?


20121221

今日も、訪問ありがとうございます 
皆さんの応援1クリック、いつも更新の励みにしています

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

theme : 海外で育児
genre : 育児

日々の生活に「感謝」して....

 2012年、最後の「Parent Volunteers」、毎週の子供達の本読みの手伝いが終わりました。ホリデーに既に出かけている一人を除いて、今日も元気な顔ぶれ18名が揃いました。

 9月からに比べて、ずいぶん子供達の本読みも上達しました。長い本になってきたので、私は数ページを読ませるだけなのですが、もっと読みたくて、多めに読んでくれる子もいます。ご褒美のステッカーを、私と一緒に選びたい子もいます。本読み以外のことを話したい子もいます。みんなそれぞれ個性があって、本当に可愛い子供達です。

 Marimoの担任の先生が、今朝は私を呼びとめ、
 「いつも、お手伝いありがとう!あなたのお陰で、とても助かっていますよ。」
 笑顔でクリスマスカードを渡してくれました。
 「とんでもない、お手伝いを出来るのは、私の楽しみでもあるんですよ!」

心がホッコリした、先生のお礼のカード

20121220

 
 日々の生活、楽しいことばかりじゃありません。嫌なこと、辛いこと....みんな、何か抱え持っています。でも、こうやって互いに「感謝」の気持ちを表して、日々の生活を過ごせば、心は数倍穏やかに過ごせます。誰かに「感謝」されると、素直に嬉しいし、より生活が豊かになる気がします。

 今朝は、毎朝登下校の時に、子供達の交差点での横断をお手伝いしてくれる女性に、Marimoと「ありがとう」の言葉を添えたクリスマスカードを渡しました。名前も知らない人だけど(今度、聞いてみよう!)、いつも雨の中、雪の中、笑顔で立っていてくれる人....そう言う、地域の温かな支えによって、子供達の「安全」で「快適」な学校生活が守られている気がします。彼女は突然のカードに驚いたようですが、ニッコリ微笑んでくれました。

Marimoの感謝を込めて....

20121220


 「ありがとう!」

 今年も、多くの人々のサポートに支えられ、私達は幸せに暮らすことが出来ました。2012年も、残りわずか、みんなが健康で、幸せに溢れたホリデーを過ごせますように...。 


20121220


今日も、訪問ありがとうございます 
皆さんの応援1クリック、いつも更新の励みにしています

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

theme : 海外で育児
genre : 育児

家の中は、甘い「ジンジャーブレッドハウス」の香り

 Marimo、本日、今年2個目の「ジンジャーブレッドハウス」を持ち帰ってきました。

 この「ジンジャーブレッドハウス」を、毎年子供達は学校で作り、そのまま両手に抱えて教室から出てくるので、親達は一瞬固まります。
 「あら~、上手に出来たじゃない!可愛いわね。」
 もちろん、最初は褒めはするものの、例え徒歩15分くらい程度の帰宅までの道のりでも、剥きだしの「ジンジャーブレッドハウス」を持ち帰るのは、何気に大変で厄介であったり(苦笑)

 これが日本の小学校での子供達だったら、担任の先生は、せめて段ボールの箱かプラスチックの袋に入れて持たせてくれるはずですよね?学校側が準備が大変なら、前もって連絡してくれれば、その運ぶための準備も出来るところ...。それに今日は用事やお稽古がなかったからよかったですが、これで長時間の移動は遠慮したい(汗)

 Marimoは帰り道、ハウスを装飾しているジェリービーンやキャンディーを剥がして、口に入れて嬉しそうに歩きます。私は、落とさないように、頼りないアルミの土台を両手で抱えて、慎重に歩きます。あー、今日は雨じゃなくてよかった!

 帰宅すると、すでに作って飾ってあった「ジンジャーブレッドハウス」の甘い香りがリビング中に広がっていました。グリム兄弟の童話『ヘンゼルとグレーテル』に登場する「お菓子の家」のモデルとされる「ジンジャーブレッドハウス」、すっかり我が家のクリスマスの風物詩です。

ずっと、とっておけないのが残念!

20121217




今日も、訪問ありがとうございます 
皆さんの応援1クリック、いつも更新の励みにしています

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

theme : 海外で育児
genre : 育児

カテゴリ

訪問ありがとうございます

free counters

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。