FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
   

カレンダー

ランキング参加中です
更新の励みに、↓↓↓1日1回応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

 クリスマスシーズンが、間もなく到来ですね。毎年この季節が来ると、家族や先生、お友達のクリスマスギフトに頭を悩ませます。

 ここ数年、その悩みの一つ、家族へのギフトは「カレンダー」のお陰で解消されています。Marimoの画像入りのカレンダーを、毎年COSTOCOの「PHOTO CENTRE」で注文するようなりました。

 デザイン、レイアウトを選んで、画像をアップロードする手間は掛かるのですが、あのシーズンの大混雑のモールの中をギフト探しに汗を流すことに比べたら、数倍楽です。それに、1年分のMarimoの画像を編集することで、その1年を振り返り、思い出すことも出来るし、家族への毎年の成長記録として見せることが出来ます。

 同じような理由で、毎年作っているお友達もたくさんいますが、彼女達の家に飾られた子供のカレンダーを見せてもらうのも、とても楽しいものです。COSTOCOのカレンダーは、紙もしっかりしているので、海外に発送する時にも、折曲がりにくく安心です。

 ただ、近年郵便代が高くなっているので、そっちの方が悩みなのですが....家族それぞれに形が違う贈り物で、パッキング方法を考える必要も無く便利です。値段も20ドル前後でのギフトは、なかなか用意出来ないし、悪くないかな?他のギフトだと、一人一人の家族のギフトが必要になるけど、カレンダーなら、各家庭で1冊でいいですよね。それでも、まとまった郵送代を含めてお金が出ると、財布が寒くなりますが(涙)

 昨年くらいからの問題点は、ベビーの頃と比べて、ぐんとMarimoを撮影する機会が減り、選べる画像が少なくなったことです。だから時々は、このカレンダーのことを考慮して、あえて写真を撮る場面もあったりします(苦笑)

 さあ、COSTOCOの注文が殺到する前に(12月の繁忙期になると、仕上がり期間が伸びるので)、今年は、いつも用意周到の友達を見習い、余裕を持って、画像のアップロードをサイトに始めようと意気込んでいます。頑張るぞ!

 あっ、そんなわけで、我が家の12月は、いつもサンタの帽子をMarimoにかぶらせて、11月に撮影。はい、完全に「やらせ」であります(苦笑)

家族への定番クリスマスギフト

20121026

theme : 海外で育児
genre : 育児

海外で安心して子どもが学校に通える本 [アメリカ編]

ランキング参加中です
更新の励みに、↓↓↓1日1回応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

 移民生活は長いのですが、「英語」が決して上達していると言えません(涙)だけども、何とか暮らせていけている自分がいます。ふてぶてしくなっただけ?学校の先生やお母さん方との会話も、それこそ、もっと表現力があれば素敵な会話が出来るのでしょうが、いつも私は誤解のないように、まわりくどい言い方をせずに(出来ない)直球勝負です。そして今ではMarimoにまで、英語の意味を再確認することもしばしばです。あかん!(汗)

 そんな私の本棚には、「海外で安心して子どもが学校に通える本 [アメリカ編]」と言う本が並んでいます。こないだ、久しぶりに、この本を開いたら、なかなか面白かった!子供の学校のことが、それぞれの状況に合わせて、そのまま使える英語表現ばかりでした。学校への各種提出書式例もあって、普段は使いませんが、あると便利な例文もたくさんです。

20121025


 実際の会話で、これを参考にしながら使うかはさておき、海外で子育て中のお母さんには、読んでとても魅力的な本だと思います。特に病気などの緊急を要する時に、手元にあると落ち着いて対処出来るでしょう。

 私は、この関連シリーズも、たまたまバンクーバーの「ブックオフ(今は、残念ながら閉店してしまったけど」で2冊、安く購入していました。「海外で安心して赤ちゃんを産む本」と「海外で安心して子育てをする本」。この2冊も、お勧めです!

20121025

20121025





 

theme : 海外で育児
genre : 育児

こけし型 折り畳み傘 

ランキング参加中です
更新の励みに、↓↓↓1日1回応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

 Marimoは、とっても「こけし」が大好きです。実家が宇都宮なので、近県である東北を幼少の頃は旅行することが多く、その旅先の温泉地で、母は必ず「こけし」をお土産にと購入し、集めていました。ですから、里帰りをすると、実家はもちろん、親戚の床の間には、たくさんの「こけし」が所狭しと並んでいるのです。

 実家にはMarimoの玩具がほとんどないので、いつもMarimoは「こけし」を玩具代わりに遊びます。元来、「こけし」は木製の人形玩具として作られていたので、使い方は間違っていないのかも知れませんね(苦笑)

小さな頃から「こけし」大好き

20121024


 そんなMarimoの「こけし」好きを、地元の行きつけのラーメン屋のご夫婦が覚えていてくれました。先日カナダにバケーションで遊びにいらした際に、わざわざ我が家に「こけし型 折り畳み傘」を、関西に住まれる息子さんに京都から取り寄せてもらい、届けてくれたのです。突然の宇都宮からの訪問はもちろん、Marimoのために用意してくれた、この素敵な贈り物に大変驚きました。

 何でもこの「こけし型 折り畳み傘」、朝の情報番組に取り上げられたりと、とても人気商品のようです。外国の方への贈り物にもいいですよね。色違いを2本も頂いたMarimo、傘(晴雨兼用)として利用するのがもったいないらしく、お人形遊びとして使わせてもらっています。

可愛い着物の「こけし」

20121024

防水ケースから出した傘は、こんな感じ

20121024


↓↓↓ クリスマスギフトシーズン到来、カナダの義理両親にいかがですか?


 実家の父は、全て「こけし」をカナダに持ち帰っていいよといいますが、ただでさえ航空会社の持ち込み荷物の制限が厳しくなった昨今、そんなにたくさんは重くて持ち帰れません。並べる場所もないし(苦笑)

 買った時は色白だった「こけし」、今では、すっかり変色し、とても味のある「こけし」となって海を渡り、リビングに鎮座しています。

我が家にやってきた「こけし」

20121024


20121024



theme : 海外で育児
genre : 育児

パンプキンパッチ(Laity Pumpkin Patch)

ランキング参加中です
更新の励みに、↓↓↓1日1回応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

 もうすぐ、ハロウィンですね。このイベントが雨の季節じゃなかったらな~と、いつも思います。外は冷え込み、木枯らしの吹く中、まして雨だったりすると、子供達の楽しみな「Trick or Treat」も大変です。特に女の子の仮装はプリンセスのドレスが多いので、雨の中歩くのは気を遣います。今年のハロウィンも、お天気だといいのですが...。

 さて、そのハロウィンにちなんだ「パンプキンパッチ」で、MarimoはメープルリッジにあるLaity Pumpkin Patchに出掛けました。学校の遠足で連れて行ってくれたので、子供達は大はしゃぎです。

 遠足のことが書かれた、事前のお手紙には「この日は長靴、汚れてもいい服装でお願いします。バックパックやお弁当の容器は持たせずに、プラスチックバッグにランチ、スナックはポケットに入れて出掛けさせて下さい」と書かれていました。とっても身軽な格好ですよね!ただ、子供の小さなポケットじゃ、バスに座ると、スナックが簡単に落ちてしまいそう~(苦笑)

 当日は、あいにく霧が深い悪天候。9月だったら、お天気も安定していたのになぁ~。それでも、子供達は1日たっぷり楽しく遊んだようで、迎えに学校に行った時は、どの子も笑顔でパンプキンの袋を腕にぶら下げ、お母さん達のお迎えを待っていました。
どんより、寒い日

20121023

お土産の小さなパンプキン

20121023


 そうそう、デンマークにも「ファステラウン」と言う、子供たちが仮装してお菓子をもらったりする、いわばハロウィン的なイベントであるのですが、こちらも季節は真冬の2月なのです。まだMarimoが生まれる前に、寒さに凍えながら、イベントに参加したのを思い出しました。いつか見せてあげようかな?とっても寒過ぎるのが、悩むところですが...。


20121023

theme : 海外で育児
genre : 育児

Halloween Ghost Train @Stanley Park

ランキング参加中です
更新の励みに、↓↓↓1日1回応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

 今年も行ってきました、スタンレーパークの「Halloween Ghost Train 」(去年の様子は、こちら)。バンクーバーの10月の天気は、急激に寒くなります。ですので、「今夜は、雨が降らない暖かい夜だから行ってしまおう!」と言うノリで出掛けました。幸い、例年一緒に出掛ける友達ファミリーも予定が入っていない日だったので、今年も一緒に出かけることが出来ました。お友達と乗る列車は、尚楽しいものです。

 現地に到着したのが午後8時前くらい、列車が運行開始して2日目の夜のせいか、「感謝祭」のロングウィークエンドの最中せいか、駐車場はガラガラ、当日券もチケットブースでスムーズに買えました。列車も、長蛇の列ではなく、ほとんど並んでいなかったので、本当に運行しているのか不思議に思ったほどです。

今年のテーマは「Scary Fairy Tales」

20121022


 出発前に、子供達は握ると怖くない黒い種をもらいました。真剣に、それを信じて、握り締めている姿が、とても可愛かった!

20121021


 真っ暗の中に浮かび上がるイルミネーションは幻想的、冷たい風を頬に受けながら列車は走り出します。列車に近付くScary Fairy達に、Marimoの友達はギュッと目を閉じて怯えます。キュート!Marimoは、一瞬顔が引きつる時はあっても、ほとんど前年と同じリアクション、ゲラゲラ大笑いです(汗)

近寄る、近寄る、Scary Fairy!!!

20121021

「塔の上のラプンツェル」も怖いことに...

20121022



 所要15分くらいの列車の旅は、今年も愉快に終わりました。我が家では恒例になっているイベント、来年はどんな列車の旅になるのかな???

お土産も頂きました

20121022

theme : 海外で育児
genre : 育児

カテゴリ

訪問ありがとうございます

free counters

訪問者数