10
2
4
8
9
10
11
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOLLARAMA

 私は、「整理整頓」が大好きです。パソコンの中のフォルダを整理したり、クロゼットの中を細かく整理したり、バインダーの中を整理したり....いらないものを集めては処分するか、売ったり、寄付したりしています。

 そして私の好きなショップのお店の1つが1ドルショップの「DOLLARAMA」、ここで安く整理しやすい必須アイテムを購入してきます。整理整頓以外のアイテムでも、いろいろなものがお安く手に入り、主婦の強い見方ですよね!(苦笑)

 今回私の探したアイテムは、これ↓↓↓

20111031


 で、どんなふうに利用したかと言うと....


続きを読む

スポンサーサイト

theme : 海外で育児
genre : 育児

Thierry Chocolaterie Patisserie Cafe

 Marimoがキンダーに入学してから、独身の友達をお茶にお誘いしやすくなりました。日中のお茶は、今まではMarimo同伴、優しい周りの友達はMarimoとの同席を歓迎して、いつもMarimoの相手をしてくれていたのですが、私は逆にMarimoが店内で騒がないように目を光らせ、友達との会話も途切れたりで、友達に申し訳ない気持ちが募るばかり...。

 で、久々に産前のように、友達の話をゆっくり聞ける機会が出来たってことは、とても嬉しいのです。普段と違う話題、友達の仕事のこと、世間が注目している話題、ファッションのこと....etc.私の知らないことを、どんどん提供してくれる友達に感謝です。

 そんな友達に連れて行ってもらったのが、夏にオープンした「Thierry Chocolaterie Patisserie Cafe」、ダウンタウンの中心街に位置したカフェです。フランス出身でパティシエ歴25年のThierry Bussetさんのお店、地元のグルメ誌は「北米有数のペーストリー・シェフ」と称えているそうです。

 店内に入ると、清潔感漂うモダンなレイアウト、そして商品がきれいにショーウインドウに並べられています。特に印象を受けたのが、お持ち帰り用のパッキングが可愛い!日本のスイーツショップを思い出させるような、手土産にもぴったりの商品がたくさん並んでいました。


手土産にもよさそうな、スイーツやジャム


20111030


 店内でのお召し上がりももちろんOK、ランチ後に寄った私は飲物しかオーダーしませんでしたが、陳列するスイーツは、どれも食べてみたいものばかりでした。アイスクリームなどもあるので、子供と一緒に来てもいいかも知れませんね。あっ、やっぱりママ目線で見ちゃうところも、仕方ないですかね(苦笑)


 人気のマカロンも、種類がたくさん!



20111030



 ちょっとお洒落なカフェに行きたい時は、お勧めです☆


Thierry
1059 Alberni Street,
Vancouver, BC


theme : 海外食生活
genre : 海外情報

出前一丁

 基本Farは、私より「健康」に配慮します。「食事」から「運動」、いろいろ気に掛けて偉いなあと思います。我が家では、マクドナルドのようなファーストフードやピザは、頻繁に食べないようにしています。でも私とMarimoは大好きなので、時々内緒でランチに食べに行ってしまうこともあるのですが...(汗)

 インスタントラーメンなどの類、これは私もMarimoには与えていません。日本に里帰りしている時のランチに、たまーにミニカップラーメン(子供用)を与えるくらいです。無論、普段食べ慣れていないものを食べるので、Marimoは喜んで完食します。

 Marimoがキンダーに通い始めて、私が時々手を伸ばしてしまうもの....

続きを読む

theme : 海外食生活
genre : 海外情報

Sparkly Things To Make And Do

 火曜日は本の返却日、Marimoは欠席していたので、前回の新しい本を借りられなかったこともあるから、麻耶をドロップする際に、先生にも「バックパックの中に、本は入れておきました」と、水曜日はリマインドしておきました。

 放課後、お迎えの際にバックパックの中身をチェック。入っていました、今週の新しい本(苦笑)Marimoの選んだ理由は、可愛くて作りたくなったの~。えっ、またクラフトの本???




20111028


 クラフトの本だけあって難しい単語は無く、私も辞書を利用せずに済みました(苦笑)

 5歳児は、いったい、どのくらい単語を読めるようになるのでしょう?迷っていた本を教室で読むボランティア、一応手伝うことにしました。難しかったら止めればいいし、それは先生も判断するでしょうから...。



theme : 海外で育児
genre : 育児

とこちゃんはどこ

 幼少の頃、何度も何度も読み返していた絵本があります。私の大好きな絵本作家、加古里子の「とこちゃんはどこ」です。赤い帽子のとこちゃんは元気な男の子、親が目を離すと、市場、動物園、海水浴場、お祭り、デパート、どこでもいなくなってしまいます。とこちゃんを見つける親は必死、どこへ行ったか、赤い帽子のとこちゃんを見つける探し絵本です。

 1、2度読めば、とこちゃんは、すぐに探せるようになります。Marimoは、毎回とこちゃんを指差して、探すのが大好きです。それぞれに細かく描かれた場所の絵が、とても魅力的です。人の表情であったり、小さな物まで、丁寧に丁寧に描かれています。

 4畳半の部屋の片隅の古びた本箱、壁に寄りかかり、足を伸ばして繰り返し読んでいた絵本。今はMarimoとベッドの中と、読む場所は変わりましたが、ずっとずっと読み続けたい、大切にしたい絵本の一つです。


とこちゃんはどこ


20111028



theme : 海外で育児
genre : 育児

カテゴリ

訪問ありがとうございます

free counters

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。