07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6年間

 Marimoが生まれてから、ほぼ「子育て」オンリーで生活してきました。振り返るとあっと言う間の6年間・・・・「子育て」をしながらも、社会のいろいろな出来事にアンテナは張って生きていよう!出来る限り、積極的に人と出会おう!と過ごしてきました。

 それでも、この6年間は、やはり自分の興味、「子育て」が大きく自分の生活の範囲を占めていました。それに専念させてくれていた、仕事に早く復職してと強要しなかったFarにも、(本当は)とても感謝しています。

 ここ最近、私は、今まで関わったことのない、接点のなかった方々と、ボランティアを通して、話す機会が増えてきました。ハードな業務にも関わらず、「笑顔」が素敵な人が多い職場です。

 「新しいことを学ぶ、知る!」
 この6年間とは、また違う新鮮な気持ちが沸き起こっています。全く無知だからこそ、学びたいと言う意欲は、年齢に関係なく、嬉しい気持ちを共存するものだと言うことを実感しています。

 40歳だから、覚えることが、衰えていることも多いです(苦笑)それでも、学生時代とは違うアプローチで、一つ一つじっくり進んでいきたいです。そして、学生時代には持ち合わせていなかった「子育て」と言う、貴重な経験も生かせたらいいな~と思っています。

 自分が将来凹んだ時、現実とのギャップに悩んだ時に役立てたいから、進行形の今の気持ちや出来事を日誌に付けるようにしてみました。6年間毎日綴り続けた「育児日誌」と平行に、自分の「ボランティア日誌」です。褒められたこと、注意を受けたこと、その日を振り返るだけで、次回の自分への課題も見えてきます。一度関わった方は、出来る限りお名前も覚えておきたいのです。1ページから、これから何ページになるかな???楽しみです。

 
  
 素直な気持ち
 
 謙虚な気持ち

 優しい気持ち



20130713


「あなたのお陰よ!」
この言葉で、パワーをもらえる日々・・・・
皆さんの「笑顔」が、私のご褒美です
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

theme : 海外で育児
genre : 育児

「Volunteer」

 今日は、MarimoのSports Dayに関わらず、雨です(涙)チームカラーのTシャツを着ても、寒いからと、上に羽織るジャケットで分からない有り様。私も、これからピザ販売の「Volunteer」として出動です。

 Marimoの学校の「Volunteer」も、活動丸二年になろうとしています。お手伝いが面倒なこともあったけど、こうして振り返ると、二年と言う年月と実績は、私の自信にもなりました。

 思い起こせば、カナダに移住してから、たくさんの「Volunteer」に参加しました。旅行会社でのお手伝い、シニアのランチプログラムでランチを作るお手伝い、日本語を使える子を対象とした日本語サークルでのお手伝い、そしてMarimoの小学校でのお手伝い。それにSNSなどにおいてのコミュニティの管理人のお手伝いなど....日本で暮らしていたら、きっとしなかったであろう活動をたくさんしてきました。

 そもそも、「Volunteer」という概念は、カナダと日本では、かなり異なると思うのです。カナダでは、慈善活動と言うより、もっと自分の利益となる(役に立つ)ように動く傾向が多いような気がします。カナダの学生達は、無償で労働を提供する代わりに、自分をステップアップさせ、将来なりたい職に結び付けていく傾向が多いようです。

 私自身、これまでの活動の中で、様々なことを学び、そして、素晴らしい人々と出会ってきました。やはり、何か自ら行動を起こす、どんどん見聞を広める、そこで自分が成長していける....その延長上に「誰かのお役に立てる!」って嬉しさが、私の日々の「Volunteer」の原動力なのだと思います。

 これからも、自分の時間が許す限り「Volunteer」は続けていくつもりです。

 遠い将来は、YVR空港でグリーンのフリースを着ているご年配(どこの団体かしら?)の「Volunteer」をしたいな!飛行機を見ながら、旅のお手伝いが出来て、人のお世話が出来て、日本語のご案内も出来て....ワクワク、イキイキのお婆ちゃんになれそうな気がします(苦笑)


Home Readingの「Volunteer」も、子供達のお世話が楽しかった!


20130614


まだまだ、いろいろ「Volunteer」頑張ります
皆さんは、どんな「Volunteer」をしていますか?
応援の↓↓↓クリックが、私の元気で過ごせる源です
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

theme : 海外で育児
genre : 育児

「Foodsafe Level 1」コース修了

 今朝は、激しい雨。Marimoの学校の運動会は、金曜日。その前に、ジャンジャン降って、当日は晴れてくれるといいな~。ってことで、今日は足の完治を目指すため、勉強しながら引きこもりしておきます。悪天候だと、なんとなく罪悪感なく休める私です(苦笑)

 先月、受講したFoodsafe Level 1のコースのことも、記録しておこうと思います。このコースも、私のカレッジ入学のために必要な必須コースでした。BC州公認の資格試験で、食の安全な提供の仕方に関する資格です。受講した多くは、レストランなどの食べ物に関係する場所で働く人ばかりでした。

 10年以上ぶりの英語の授業だし、丸1日のコース、8時間以上もイスに座っていなきゃいけないってことで、一緒に受講した友達と、朝から憂鬱モード全開でした。しかも、最初に出向いた教室は間違ってアサインされたところで、移動しなきゃいけなかったし、次の教室も機械が調子悪くなり、これまた移動、挙句の果てに、コースに全く関係のない各デスクにコンピューターのある狭い教室で受講するはめになりました。あ~、カナダらしいわ、この適当さ(苦笑)

最初に案内された教室にいたのは、たったの10分

20130612


 インストラクターは、レクチャーに慣れている、とてもフレンドリーな可愛らしい女性でした。授業内容は、食の安全、適切な保存の仕方、準備の仕方、提供の仕方....噂には聞いていましたが、日本人なら家庭科で習ったような知識が多く、さほど難しくはなかったです。興味ある内容でした。DVDも、たくさん見ました。DVDを見るため、教室が暗くなる度に、眠気が襲っていました(汗)

 全てのユニットを学習し終えて、最後はマルチプルチョイスのテストでした。出題数は50問くらい、1時間くらいの内容でした。驚いたのが、英語以外の言語も選択出来ました。インストラクターが、無理矢理、英語を翻訳している場合もあるからと、問題を見比べられるように、英語と日本語の両方配ってくれました。確かに、なんだ?って感じの翻訳もありました(苦笑)

 自分は慎重に最後の一人になるまで問題を解いていましたが、他の人は、さっさと終わらして、どんどん退室して行きました。長い一日で、とっても疲れました。

 サーティフィケートが郵送されるのは、10週間後だそうです(何で、そんなに掛かるのだ!?)70パーセント以上で合格、再テストの場合だけ、受験から1週間後に電話があると、インストラクターから案内がありました。

 受験後、カレッジ近くのレストランで、友達とビールで「お疲れ乾杯!」をしたものの、1週間は、やっぱりドキドキはしていました。いまだに電話がないので、さすがに合格はしているのだと思います(笑)

しっかり勉強した後の、ビールはうまかった!

20130613


 この資格は、更新の必要はありません。永久にレジュメに書けます。これがいいね!この先、進路を変更したとしても、とりあえずレストラン業界で働くのには、持っていた方がいい資格なので、受講したことは満足しています。自分の学歴、職歴、資格....これを機に、ちゃんと改めてまとめておこうと思いました。

持っていて損はない資格

20130612



【これまでの出費】

* English Language Placement Test Fee  $60.00
* Application Fee $30.00
* Criminal Records $20.00
* First Aid (CPR) $99.00
* Foodsafe Level 1 $95.00


日本では、何かと就活では「資格」ですよね
久しぶりに自分のレジュメ、更新出来ます
いつも励ましクリック↓↓↓嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

theme : 海外で育児
genre : 育児

「Wait List」と「Criminal Record check」

 一晩で、また皆さんの励ましメッセージをもらい、本当に嬉しいです。心の糧に、頑張りますね!

 さて、まだ足の痛みは残るものの、どんどん先に進んで行きたいので、今朝は할머니にMarimoの送迎を頼み、カレッジに出かけました。

 コース入学願書の提出書類として残っていた「FirstAid」の修了書、これを届ければ、晴れて自分の名前が「Wait List」に載ります。

 静かな朝のキャンパス、受付も並ばずに済み、すぐに書類も受理されました。
 「これで、後は入学許可書のレターを待つだけです。おおよそ、一年は掛かると思っていて下さいね。」

 一年.....か、そこまで、どんなふうに気持ちを作ろうかな?どんなふうに過ごそうかな?

 長く感じますが、それでも、やっと本当のスタートラインに立てたわけで、何だか安心しました。それに一年と言っても、こっちは適当なところもあるし、常にオフィスの動向をチェックして、どんどん自分からアプローチしていけば順番が早くなるかも知れません。カナダは、言ったもん、押したもん勝ち!ってとこもあるのです(苦笑)

 カレッジに行った足で、地元警察署に足を運びました。これから活動していきたい、ボランティアに必要な「Criminal Record check」の取得のためでした。

初めての警察署

20130611


 受付で、予めもらっておいたボランティア団体のレターと写真付きIDを見せて、その場で申込書を埋めました。混んでいなかったので、10分ほどで発行してもらうことが出来ました。

 図書館で自分用の図書カードも初めて作り(今さらですが)、これで勉強も出来る環境も整えたかな?(苦笑)
 
 これからの一年、私のモットー「よく遊び、よく学べ!」を胸に、充実した日々を過ごせればいいな~と思います。もしかしたら、この一年の間に、もっとやりたい事が見つかり、カレッジは行かないかも知れない。そんなことも、あるかも知れません。Marimoのデイケアスポットが空いてこなくて、それはそれで、カレッジにも行けないかも知れません。

 様々なことを想定しても、誰も未来なんて分からないものです。じぃじや叔母、そして家族が何より健康で生きていてくれれば、時間は掛かっても、何かの道を切り開けるだろうと信じています。


犯罪履歴はありませんよ!
けど、緊張しますね警察署
いつも応援↓↓↓ありがとうございます

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

theme : 海外で育児
genre : 育児

「First Aid」コース修了

 今日は、朝から気持ちのいい天気です。私の大好きな할머니と、子供達を送った帰り、(まだ足が痛いので)ゆっくり歩きながら帰宅。할머니は、いつも志が高く、これからシニアのためのZumbaインストラクターになるために勉強しています。

 「私も歳を重ねて、これからの人生、特にシニアの気持ちが分かる年齢になってね、シニアのために役立ちたいの。だから、若いインストラクターとは違った方法で、少しでもシニアの気持ちが分かるインストラクターを目指すわ!」

 素敵、素敵です!私が、まさに理想とする、人の立場に立てる、そして社会に貢献出来る生き方を、할머니は実践しようとしています。

 40歳になって、私は自分の人生を真剣に考え、現実と理想のギャップを素直に受け止めれるようになったし、酸いも甘いも、ある程度は噛み分けて生きてきたつもりだし....だからこそ、何か人のために生きたい年齢になりました。もちろん、その根底にあるのは、大好きな家族のためなんですけど、延長上には、いろいろな目標があります。

 할머니、年齢こそは違うけど、共鳴出来ることが多く、彼女にはいつも勇気付けられています。もうすぐ離れてしまうのが、とても寂しいよ。お母さんのような存在でもあり、友達でもある人。

 話題がかなり外れましたが、先週末、捻挫の痛みに耐えながら、先月受講を申し込んでいた、カレッジ入学のために必要なFirst Aid講習に行ってきました。

 受講前に、テキストには目を通しておきました。分からない医療単語だらけでした。辞書で何度引いても忘れてしまい、以前に引いていたことを思い出すと、自分の覚えの悪さに苦笑するしかありませんでした。テキストでイメージが沸かないことは、ひたすらYouTubeの動画を検索して、見ておきました。

 Farや友達は、余りにも緊張している私に笑って「大丈夫だよ!」と励ましてくれましたが、元来の「英語」苦手意識が加わって、落ち着かない日々を過ごしていました。そこに来て、足の捻挫、この激痛で実習はどうしよう???もう、ちょっとパニック(苦笑)

 事情を話せば日程は変更出来たのかもしれないけど、またそれだけカレッジの本科コースへの入学が遅れるのが嫌で、当日の朝は痛み止めを飲み、ぐるぐるテーピングをして、気合だけで出かけました。

Farが買って来てくれたサポーターが助かった

20130608


  クラスルームに入って、早速、インストラクターに足の事情を申し出ておきました。
 「もう、自分の身体で(First Aidを)実践したんだね!大丈夫だよ、(実習は)やれるとこまでで。」
 このカナダ人らしい返答に(苦笑)、私もホッとしました。

臨場感溢れる教室です

20130608


 クラスメイトは11名、医療関係者、幼児教育や介護の勉強をしている学生、趣味で受講しに来た人、様々でした。実際の授業は、9時間のみっちりコース。たくさんの「First Aid」ケースをカバーするので、めちゃくちゃインストラクターも進むスピードが速く、分からない単語の意味を調べる時間なんてありませんでした。予習して行ってよかった~。

 インストラクターは、参加型授業を目指し、どんどん質問を私達に投げかけます。先生の質問の意味と答えは分かるのに、私の英語能力のなさで、センテンスを作ろうと口を開く間もなく、「はい、お次!」って感じで、順番を飛ばされちゃうのです(涙)レクチャー、DVD、実習....やることてんこ盛りで、朝早くて眠かったけど、その眠気もぶっ飛びでした。

 「ほら、早く、早く!ほら、大きな声で、ハッキリ!」
 も~、インストラクター、かなり私達を追い立てる。しかも、私、足痛いの知ってるでしょ?(汗)CPR(心肺蘇生法)の時も、足を引きずりながら、膝付いて、いや~泣きそうでした。実習が多いので、これから受講の皆さん、動きやすい、床に転がってもいい服装がお勧めです!


ベビードールを抱くと、ついママの気持ちになってキュン(苦笑)

20130608


 みんなヘロヘロになって、無事、クラスは終わりました。そして、最後に残ったのが筆記試験。所要20分間で、マルチプルチョイスです。合格ラインは70%くらいかな?その場でインストラクターが解答用紙をチェックして、修了証書を発行してくれます。当日試験を受ける自信がない人は、後日でも大丈夫とのことでした。不合格者は、数日後に再試験。それでもパスしなかった人は、再受講の流れです。

 いや~、落ちたくないから、またもや緊張しました。「きちんと英語の質問の意味分かるかな?」とか。しかも、こう言う筆記試験、ネイティブは早いんですよね、終わらすの。さっさと終わらして、机をガタガタして、帰り仕度をするものだから、その音にも、私は更に緊張倍増。どんだけ、ヘタレ?(苦笑)

 ベストを尽くし、さっと見直して、インストラクターに解答用紙を提出。待つこと、数分。
 「Mor!」
 キャーーーーーーーー、呼ばれました、私の名前。修了書が、発行され、パスしたってことです!

 無事、修了書を手にして、とにかく感動しました。痛みに耐えながらだったから、尚更、喜びは格別です。インストラクターも、受講したクラスメイトも、みんないい人達でした。学習した内容も、知っていて役立つ、素晴らしいものでした。大切な知識、3年ごとに更新なので、また再受講しようと思います。
 「その(捻挫の)足で、うん、これから2、3ブロック走るけど、大丈夫かな?最後のテストは250問くらいだよ、簡単でしょ?」
 と緊張している私を、ワケ分からんジョークばっかり言うインストラクターだったし(笑)ランチ食べながら、「First Aid」が必要なワケを皆で聞き合って、互いの目標にテンション上がったし....。

 40歳になっても、まだまだ知らない世界、知識ばかりです。器用に生きられないから、最終目標までの道は長いけど、その分、人の気持ち、弱さが分かる人間になれるのだと言い聞かせながら生きています。

 皆さんの応援メッセージ、いつも嬉しいです。お陰で、また一歩、前進できました。こうやって公言していくことで、いつも自分を奮い立たせています。ありがとうございます!


【これまでの出費】

* English Language Placement Test Fee  $60.00
* Application Fee $30.00
* Criminal Records $20.00
* First Aid (CPR) $99.00


どんな、人生の目標がありますか?
自分のペースで、生きれたらいいですよね
いつも応援↓↓↓クリックありがとうございます
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

theme : 海外で育児
genre : 育児

カテゴリ

訪問ありがとうございます

free counters

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。