11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dentist

 半年に1度のMarimoの歯の定期健診が、再びやってきました。もう、半年も経つの???

 朝、担任の先生に会うと、真っ先に、
 「私、今日は歯医者なので、早退しますね!」
 相変わらず、MarimoにとってDentistは、ワクワクな特別な日なのです(苦笑)

 いつものように、フレンドリーなDentistのスタッフと挨拶、Marimoは一人で診察台に座り、慣れたもので、さっとサングラスを掛けて、口を開いて準備していました。

 「痛かったら、すぐに知らせてね!」
 歯科衛生士に言われ、私だったら多少痛くても、お掃除中は我慢するのですが、そこはMarimo、
 「すみません、痛いんですけどぉ・・・・」
 何度も、お姉さんに、こと細かく、自分が痛みを感じるところは説明していました。その上、取った歯石も見せてもらったり、唾液を吸い取る管にハマり、自分で唾液を吸引しては、ゲラゲラ大笑いしていました。虫歯予防のfluoride中も、余裕でニコニコしていました。かなり、変な子供です(汗)

診察台で、終始ご機嫌の人

2010625


 「今日も、とてもいい子だから、ドクターから、ご褒美あるわね~!」
 「えっ、2個いいの?(誰も、言ってませんけど・・・・)」

 ドクターにより、最終虫歯チェックを終え、今回も、無事虫歯はありませんでした。よかった、よかった!ちょっと残念だったのは、歯並びに隙間がなく、キチキチなので、次回の検診の後、スペシャリストに会うアレンジをすると言われてしまったことです。歯の矯正、いくら掛かるのだろう???(怖)

しっかり、ご褒美もたくさん!

20130626
  



 ママからのご褒美は、我が家では、滅多に食べれないマックの「Happy meal」でした。最初から最後まで、Marimoが全部自分で注文していました。しかも、ナゲットのソースは、ちゃっかり「2つのソースを下さいね!」とまで・・・・いつの間に、こんなことまで言えるようになったんだろか???(汗)


歯は大切ですね
さて、いくら貯金するべきでしょう?
いつも↓↓↓応援ありがとうございます 

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 海外で育児
genre : 育児

トホホホの「捻挫」

 昨日は、近年稀にみる激痛で苦しみました。Marimoのお産以来って言ったら、分かりやすい???

 Marimoを学校に送る途中、校庭の芝の上を歩いている時、他のママに後ろから呼ばれ、振り返った時に、芝のせいで見えにくくなっていた、すっぽり足が入るくらいの穴に突っ込んでしまい、思い切りひねりながら転倒。周りの子供達も見ていて恥ずかしかったので、そのまま何事もなかったように立ち上がり、教室まで歩いて行きました。

 少し痛かったけど、それでも歩くのに、最初は支障はなかったのです。だから、家に戻っても冷やさず、家事をしていました。そしたら、午後から痛みがズキズキ....。Marimoのお迎えも、誰かに頼もうか悩んだけど、きっと校庭で遊んで帰りたいと思い、無理して自分で歩いて行きました。

 これが、大間違いの判断でした。足の甲は、みるみる痛くなり、教室の前で立って待つのも精一杯、帰宅の道は片足を激痛が走る中、引きずって帰るハメになってしまったのです(涙)

 家の階段も、とにかく痛みで足が上がらないので、ゆっくり、ゆっくり時間を掛けながら、ようやく上がりました。服を着替えるのも、ベッドに横たわるのも、何をするのにも、グワーーーーって押し寄せる痛み。Farにも電話したけど、会議中だったので留守電を残しました。

 「緊急事態発生、痛くて動けません、私!」
 慌ててコールバックしてきたFarに、状況を伝えると、
 「なんだ、どんな緊急かと思ったら、そこまでの緊急性はないようだね。よく冷やして、休んでなさい。僕は、また会議に戻るよ!」
 いつも動揺しない、Farのあっさり反応は、大方予想出来たんですけどね(苦笑)でも、ネットで調べたら、靭帯を傷めている場合もあるし、「捻挫」は馬鹿にしない方がいいとも書いてあったし....一応、伝えておきたかった私。

 こんな小さい我が家でも、痛い時は、トイレに行くのも、冷蔵庫の飲み物を取る距離も果てしなく遠く感じて、途方に暮れるものです。キャスター付の椅子を利用しても、フローリングじゃないから、スルスルって滑らないんですよね~(汗)

 「車椅子、借りてこれる!?」
 何故かMarimoは、車椅子を押せるかも!?とワクワク。あのね、そこまで重症じゃないですよ!
 「あっ、でもうちは階段が多いから、使えないね、ママ!」
 そうです、我が家は全てにおいてバリアフリーじゃないから、無理ですよ。じぃじのこともあったから、介護に向く家作りを考える機会があったけど、まさにここは相応しくない家なのです(苦笑)

 痛みから気を少しでも紛らすために、日本の友達とスカイプしながら、Farの帰宅を待っていました。
 「足を怪我しても、ママの口は、元気に動くんだな~!」
 えっ、まず帰宅後の開口一番が、それぇ???Marimoなんて、ベッドルームのサイドテーブルに、水や食べ物を運んでくれたんだぞ!やっぱり、たっぷり愛情を注ぎたくなる人物は、子供ですよねぇ。うん?これまで愛情を夫に注がなかったから、こんな態度をされている?順番は、どっちが先立ったのだろう???

 台所に立てないので、Farが注文してくれたピザで夕飯を済ませ、痛みに悶絶しながら一夜明かしました。痛みが悪化はしなかったのでよかったけど、まだまだズキズキ痛いです。

 Marimoの学校送迎は厳しいので、急遽送迎してもらえそうなママ探し。すぐに送ってくれる人は見つかったけど、迎えが出来る人を見つけるのが大変でした。皆それぞれ、子供を学校で拾って、そのまま習い事に行くママが多いのです。こんな時、日本のような登下校班があったら、かなり助かるのにと、つくづく思います。

 なんとか見つけた同じクラスのママは、いつもお迎えに遅れて、息子はポツンと校舎の前でママを待つって感じで、ちょっと(いや、かなり)心配だけど、今無理して悪化したら、週末に大切な予定が控えているので、藁をもつかむ思いで頼みました。

 そのまま忘れられてMarimoが校舎で置き去りにならないように、「自分がしっかりしなさい!」とMarimoには念を押し、朝迎えに来てくれた人にも、放課後Marimoが、「ちゃんとRママと帰るところを見届けて欲しい」とお願いしておきました。

 やれやれです、全く(汗)こんな時、家族が多かったらな、親戚が近くに住んでいたらな~って、思う瞬間です。 むかしはこれで、よくホームシックになったものです。でも今は、現実は変えられないってことが分かっているし、嘆いて事態が変るわけでもないし、家族が増えるわけでもないし、凹む回数はぐんと減りました。

 人生ケーススタディ、「捻挫」は、まじに痛いってことも分かったし、応急処置も身を持って体験しました。後は、このまま悪化せずに、週末のために、目覚ましい回復を祈るだけです。


ベッドでも使いやすいiPadは、大活躍♪♪♪

20130606



これまで、どんな「痛み」を経験しましたか?
核家族の人も、一緒に頑張りましょうね!
今日も↓↓↓応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

theme : 海外で育児
genre : 育児

Dentist

 今日は、私とMarimoの歯の定期健診日でした。Marimoは半年に1回、私は3ヶ月に1回の間隔で足を運んでいます。カナダでの歯の治療は高額なので、日頃のケアは怠りたくありません。もっとも6歳になってからのMarimo歯磨きは、完全に彼女任せ、本当は仕上げ磨きは、まだまだ親の責任だと思うのですが...。

 Marimoは、学校を早退しました。彼女は何故か歯医者が大好き、いつもはお迎えに行くと疲れてムスッとすることも多いのですが、今日はとびきりの笑顔で私を迎えてくれました(苦笑)

 「さあ、今日はどちらが先にやる?」
 いつも可愛い衛生士のお姉さんに尋ねられ、
 「私が先でお願いします!」
 Marimoは元気良く意思表示して、診察室に元気よく向かいました。

 最初は問診から始まり、歯の掃除、ポリッシュ、最終チェック....
 「ねぇ~、これは何?」
 Marimoは、衛生士がしている拡大鏡(サージテル)に興味を持ったみたいです。
 「これで見ると、よーく見えるのよ!」
 感心したMarimoは、肉眼で虫歯をチェックしていた彼女にすかさず、
 「それを使ったほうが、私の虫歯があるか、ちゃんと分かるんじゃないの?右のこの辺が、なんか変に感じることがあるから、ここを重点的にそれで見てみてね!それから、大人の歯が斜めに生えてきているのだけど、これは問題ないですか?」
 どんどん自分が主導権を握って説明している6歳児の姿が、可笑しいやら、なんとなく恥ずかしいやら(汗)

 「さぁ~、虫歯もなかったわ。とても立派よ!今日も、忍耐強く頑張ったわね。」
 衛生士とドクターから褒められ、誇らしげな顔で診察台からMarimoは下りました。

 なんでも、なんでも興味深々なMarimo、私の番が来ても、診察台の真横で、まるで助手のように私の口を覗き込み歯の話をしたり、いろいろな器具を指差して使用法を質問したり、私がレントゲン撮影した時は、レンズを覗き込んだり、とっても忙しくしていました。持って行ったDSも、買ってあげたワークブックも、全く使わなかったね!

 「歯医者になったらいいんじゃない?」
 余りにも興味を持つものだから、そう衛生士に聞かれると、
 「そうね~、いいわね!あっ、でも私、まだまだいろいろなりたいの~。」
 いいな~、自由人(汗)今日も、受付、衛生士、ドクターの皆々様、優しくMarimoの応対をしてくれて恐縮です。感謝です!

 二人とも、本日も「虫歯な~し!」 心配していた永久歯の生え方も、まだ歯並びも成長するにつれ変わるかもしれないので、今は様子をみましょうとのことでした。 お陰で、帰りの足取りは軽くなりました♪

待ちに待った、歯のチェックアップ!

20130116


今年も、訪問ありがとうございます 
皆さんの応援1クリック、いつも更新の励みにしています

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

theme : 海外で育児
genre : 育児

口荒れには、やっぱり「Vaseline」

 3週間ばかり、Marimoの口荒れがひどくなっていました。最初は上唇が少し荒れていた程度で、季節柄仕方ないなと思う程度でした。だから、家にあった「Vaseline」や「Eucerin」、「薬用リップ」で応急処置。

 それが先週末から口の周りも赤く腫れて、ガサガサ、見る見るうちに痛々しい顔になってしまいました。Marimoは学校のクリスマスコンサートを控えているので、醜くなった自分の唇に超テンションが下がりまくり。鏡を見てはメソメソ、クラスメイトのママ達に心配されてはブルー、さすがに私達もファミリードクターに診てもらおうとアポを取りました。ドクターも、もうすぐホリデー、オフィスがクローズして、ウォークインクリニックに行くのは、長いこと待たされるので避けたいところ!

 「Marimo、冬のドクター待合室は、特にいろいろな病気の人が多く集まるの。絶対、あちこち触らないでね。サニターザイーも、診察が終わったら塗るからね!」
 6歳児だから、そのくらいは分かっているのですが、念のため言い聞かせて、オフィスに行きました。スタマックフルーとかが流行っているので、用心に越したことはありません。ホリデーシーズンは、デンマークから義理両親も訪問するので、なんとしても寝込みたくない!

3DSは、待ち時間に大活躍☆

20121214


 診察室に通され、待つこと5分くらい、私達のファミリードクターがやって来ました。
 「こんにちは!私、6歳になりましたよ。数週間、唇が治りません。でも、舐めていませんよ!」
 Marimo、私より先にドクターに挨拶して、症状を説明し、ガンガンしゃべっていました(苦笑)

自分で症状も説明でき、頼もしくなりました


20121214


 食べ物のアレルギーによるものか心配した私に、
 「これは、いろいろなコンビネーションね。みかんで反応したのは、荒れていたから、酸が刺激したのだと思う。薬は出すけど、後は予防として『Vaseline』を食前や歯磨き前に塗ってあげて、口への刺激を軽減させてあげてやってね。で、薬は、就寝前と朝の歯磨き後に、1日2回少し塗ればいいわよ!この2つのクリームだけで、他のクリームなどの併用はストップしてね。」

 何かと言えば、ここカナダでは「Vaseline」と「Tylenol(鎮痛剤)」が、製薬会社とドクターの癒着?って思うくらい主流で勧められます(苦笑)まあ、とりあえず特別な処置をしなくても、普段から「Vaseline」は身近にあるし、それで荒れが緩和されるならよし!ですかね。

 処方された「Mometasone Furoate」はステロイド薬の一種で、荒れが緩和するまでは塗るように言われました。使い始めて、まだ一晩ですが、今朝のMarimoの唇コンデションは少し良くなっています。このまま、良い経過を辿るのを祈るばかりです!

 クリスマス前に、早く治してあげたいな!

20121214



今日も、訪問ありがとうございます 
皆さんの応援1クリック、いつも更新の励みにしています

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

theme : 海外で育児
genre : 育児

Flu shot (インフルエンザ予防接種)の季節です

ランキング参加中です
ご訪問ありがとうございます
更新の励みになります↓↓↓1日1回応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

 11月に入ると、我が家で毎年話題になるのが「Flu shot (インフルエンザ予防接種)」のこと。Farは、多少のリスク(接種後の副作用)を考えても、予防接種を受けるのに賛成です。学校で集団予防接種を受けることが普通だった日本で育ってきた私、Farの意見に反論する要素は特にありません。カナダは、日本よりも接種の選択の自由が重んじられている国なので、「Flu shot (インフルエンザ予防接種)」への認識は、本当に人によって様々です。
 
 また接種を受けたからといって、その年の型に合わなければ効果は見込めないのも、事実ですよね。私も、ヘルスケアのサイトで、しばしば「Flu shot (インフルエンザ予防接種)」について情報を収集するのですが(→こちらなど参照)、いまいち自分の中でも確固たる自分の意見がまとまりません(汗)

 過去数年毎年受け、これが効果として表れているのか分かりませんが、我が家は大きな病気をせずに冬を乗り切っています。特にMarimoは、学校と言う集団生活にいるにも関わらず、元気に冬を過ごしてくれています。

 と、言うわけで、今年も最寄のドラッグストアで受けました。最初にサイトで調べたドラッグストア2件は、1件目はショットを扱える人が風邪で欠勤(苦笑)、2件目は品切れ(もう???)でした。3件目にして、ようやく接種出来ました。

 Marimoは、優しそうな女性の担当者の問診に堂々と自分で答え、
「今日は、私に何本するわけ?注射に掛かる時間はどのくらい?右腕にする?ステッカーはもらえる?」
 そこまで、矢継ぎ早に聞くものだから、失笑を買っていました。Marimoはクールに振舞いたいらしく、
「ママより、私が先にやるわ~!」
 なんて、余裕?をアピールしていました(汗)

 接種後15分待機して、リアクションをチェックされ、その場を後にしました。今夜は、ショットをした腕が少し痛みます。このシーズンも、家族みんなで元気に乗り切れるといいな!

ママ、痛くないですけど~!

IMG5443.jpg

 

theme : 海外で育児
genre : 育児

カテゴリ

訪問ありがとうございます

free counters

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。